12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-03-17 (Fri)
世界遺産、韮山反射炉見てから、修善寺に行きました。
修善寺に来たのは、日帰り温泉に入るためです。

0226syuzennjimatinami1.jpg

温泉地~~~
スマートボール場や、赤い橋。
食べ物やさんや、お土産屋さんが並んでいました。

0226syuzennjimatinami2.jpg


ネットで見た、美味しいと言うお蕎麦屋さん。
このスダレの中がお店です。

0226syuzennjiranti2.jpg


人が並んでいたので、時間が無い私達は此処をあきらめ、
直ぐ前のシイタケが店先に干してあったり、
暖簾がお蕎麦屋さんらしいお店に入りました。
お蕎麦はもう無くなってて、おうどんしかないと言うので、
皆でおうどん注文、一人親子丼でした。


0226syuzennjiranti1.jpg

さ~~目的の日帰り温泉に。
TBSで放送してたドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」で、
みくりと津崎の関係を心配するあまり、2人のために
ペアの宿泊旅行券を手に入れたという、姪っ子想いの
百合の優しさを無駄に出来ず、“新婚旅行”と言う名の
“社員旅行”へ出かけ、泊まった旅館、
「宙 SORA 渡月壮金龍」に行きました。

0226syuzennjionnsennsora2.jpg

修善寺の温泉街を見下ろす山間に佇む宿。
自然あふれる1万5千坪の敷地内で、
宿自慢の露天風呂を愉しもう。
インテリアデザイナー・辻村久信氏が手がけた、
まるで宙に浮かぶ光の箱船のような「光の露天風呂」や、
達磨山に沈む夕陽をゆっくりと眺めながら湯浴みができる
「夕焼けの露天風呂」、誰にも気兼ねなく寛げる
貸切の露天風呂「岩」と「石」の4つの湯船では、
いずれも至福のひと時を堪能できる。
寒い冬の露天風呂こそ、極上の贅沢。
こんこんと湧き出るたっぷりの湯に浸かり、
体の芯からじっくりと温まりたい。 (HPより拝借しました。)

ロービ―も広く、大きな素敵な庭が見えます。

0226syuzennjionnsennsora1.jpg

お風呂も、大きくて、お湯は余り熱くなく、
露天風呂も楽しめました。
お風呂上がりには、冷たい飲み物が用意されていました。

0226syuzennjionnsennsora3.jpg


ゆっくりお風呂に入ったら、もう4時。
私が行きたかった、河津の桜は見に行く時間が
無くなりました。

町中を歩きながら、「竹林の小径」へ。
桂川に沿った遊歩道の左右にある竹林で、
竹林の中央には竹製の丸いベンチがあります。

0226syuzennjionnsenntakem2.jpg


丸いベンチに寝転がり、空を見ると、
竹の間から、空が見えました。


0226syuzennjionnsenntakem1.jpg


河津まで行く時間が無いので、来る時見かけた、
「かの川堤防の河津桜」見て行くことにしました。
堤防に一直線に河津桜が並んでて、とても綺麗でした。


0226sizukawazu2.jpg


土筆も見つけました。


0226sizukawazu4.jpg


丁度よい時に見れたかも~~
時間が遅かったので、ちょっと暗いのがね~~


0226sizukawazu3.jpg


右上の道路は渋滞しててうんざり。
でも帰らないと行けません。
帰りに見掛けた、富士山の陰影、とても綺麗でした。

0226syuzennjifujiyama1.jpg


高速道路も渋滞気味。
渋滞回避の為、EXPASA足柄の、レストイン時之栖
夕飯食べました。
その後は、高速もスイスイ・・・・・

0226syuzennjionnsennasigara1.jpg


買ったお土産色々。

0226syuzennjiizumiyagei1.jpg


修善寺温泉、ひなびた温泉地で、良かったです。

0226syuzennjionnsennmappu3.jpg

伊豆の日帰り、大変だったけど、
色々と出来て楽しい旅行でした。
ゆっくり泊まりに、もう一度行ってもo(^^)o イイナ~
関連記事
スポンサーサイト
| お出かけ | COM(6) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する